カラーリング 薄毛

カラーリング剤が薄毛を引き起こしてしまう理由

 

最近ではファッションで髪を染めている方も多いですよね。ですが、その髪を染めるためのカラーリングが薄毛になってしまう原因の一つであることを知っていますか。

 

カラーリングが薄毛になる理由はカラーリング剤に刺激の強い成分が含まれているからです。市販のカラーリング剤には注意事項に「必ずパッチテストを行うこと」と記載されています。このような注意事項がある理由は、カラーリングが頭皮にダメージを与えるため、人によってはかぶれやかゆみを引き起こしてしまうからです。

 

美容院でカラーリング剤に触れる機会の多い美容師さんには体調を崩す方も少なくはありません。カラーリング剤が皮膚に付着してしまうのが理由です。

 

茶髪はかわいいですし、現代の日本では黒髪の方の方が少ないですよね。しかし、カラーリングは毛髪や内臓にも大きな影響を与えかねません。今は何ともなくともダメージは蓄積されるので、ある時急に薄毛がひどくなるということもあります。

 

どうしても茶髪になりたい場合は、ウィッグなどで楽しむのをおすすめします。今は毛質がいいのが多く一見してウィッグだとわからないものも多いですよ。

カラーリング剤が薄毛を引き起こしてしまう理由関連ページ

女性の薄毛は遺伝で決まっていない
女性の薄毛は遺伝で決まっているわけではありません。女性薄毛の遺伝についてご紹介します。
女性の薄毛を改善したいのならまずはシャンプーから
女性の薄毛を改善したいのならまずはシャンプーから始めてみましょう。
若い女性に多いといわれている円形脱毛症について
若い女性に多いといわれている円形脱毛症についてご紹介します。
頭皮が臭い女性に選ばれているのは?
女性で頭皮が臭い事を気にしている人は多いです。頭皮トラブルが起きている裏付けでもあり、放置すれば薄毛へと発展してしまう恐れもあります。女性で頭皮が臭い人に選ばれているフレグランスを紹介します。